LPIC取得方法

毎日、仕事をしていると「今は、どのくらいのスキルが身に付いているのだろう?」と分疑問に思う方がいるのではないでしょうか。「去年と比べると、知識や技術力はついているはず」と感じている方も、どのくらいのレベルまでアップしているのか、客観的に判断出来ない方もいるでしょう。

では、そんな時にもチャレンジしたいインフラエンジニアの資格のひとつ、LPICについてご紹介します。LPICの資格は、世界最大級ともなるLinux技術者認定制度となっており、ベンダーに依存しない中立なスキル証明を行うことが出来る資格となっています。そのため、LPICの資格取得をしていることで、転職時にも様々な企業に魅力ある資格と言えます。LPICの試験は、全国各地で行っており、レベル1からレベル3まであり、それぞれのレベルに合わせて受験することが出来ます。試験時間は90分となっており、試験問題は多肢選択式、キーボード入力式となっています。全国にLPICを受験するためのスクールなども開かれていますから、こういったスクールで学ぶのも良いですし、独学で学び試験にチャレンジするのも良いでしょう。受験費用は、レベル1とレベル2に関しては15,000円、レベル3に関しては30,000円となっています。日本の企業では、Linuxを導入している企業が7割程度ありますから、資格取得をしている人材の需要はこれからもっと増えてくる可能性が高いのではないでしょうか。
このように、インフラエンジニアとして活躍する際には、LPICの資格取得を目指すことがおすすめです。特に、「これから転職をしようと考えている」という方にとっては、資格取得をしておくことで収入アップは待遇アップといった嬉しい転職を叶えることが出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です