Cloudera認定資格

インフラエンジニアとして仕事をしている方の中には、「そろそろ、自分を試すためにも転職をして、新たな仕事や環境にチャレンジしたい」と考えている方もいると思います。やはり、新しい環境となれば、仕事のやり方も変わってきますし、責任なども変わってきますから、スキルアップをしたいと考えている方にとって転職は魅力的ですよね。

では、インフラエンジニアが持っていると有利な資格のひとつ、Cloudera認定資格について、ご紹介します。Clouderaは、どういった資格かというと、プラットフォーム構築の際に用いている、Hadoopに特化した資格です。分散処理を行ったり、管理を行ったりする仕事をする際には、持っていると有利な資格と言えます。試験は、管理者向けの試験、開発者向けの試験、スペシャリスト向けの試験といったように種類が分かれており、それぞれに必要な資格を目指すことが出来ます。また、Dadoop以外にもMongoDBといった資格やKai等の資格もありますから、これらも資格取得しておくと良いでしょう。インフラエンジニアの方が転職を行う際、プラスのスキルとして、プログラミングやコーディング等の知識なども身に付けておくと更に転職先の幅を広げることが出来、仕事へのやりがいを広げることが出来るでしょう。
このように、インフラエンジニアの方が資格取得を目指す際には、Cloudera認定資格などを目指すことも出来ます。自分が持つ資格は、あればあるほど様々な知識を持っていると証明できますから、その都度必要な資格を目指していくのも良いでしょう。転職を考えている方であれば、様々な方面の資格があることで、より希望を叶えた転職先が見つけやすくなりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です